メディア社会学科、蛭子 栄美理さんに聞く、10の質問

メディア社会学科 蛭子 栄美理

2018/12/17

在学生

Q.1 立教大学社会学部メディア社会学科を選んだ理由を教えてください。

小さい頃から新しいものが好きで、芸能人や音楽系のアーティスト、洋服など自分が好きなものを、テレビや雑誌などでよく見ていたのですが、それを社会学ならば学問として学ぶことができるということを知って、メディア社会学科を選びました。従兄弟がテレビ局に勤めていたということも、メディア関係に憧れを持った理由かもしれません。

Q.2 メディア社会学科の科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

小池新先生の「記事・調査報道入門」です。自分たちで新聞の記事を書いて、それを先生が添削してくださるという授業だったのですが、 実際に書いてみると、それまであまり身近ではなかった新聞というものが、実はすごく工夫されて書かれているのだということがわかりました。担当の小池先生がもともと新聞社に勤められていたということもあり、プロの視点でおすすめしていただける新聞記事というのも、非常に興味深いものばかりで面白かったです。

Q.3 所属しているゼミの内容と選んだ理由について教えてください。

メディアコミュニケーションに関するゼミで、主にSNSを私たち若者がどのように利用しているかということを中心に調査をしています。立教生にも、LINEやtwitterなどの活用に関するアンケートを取り、その結果を集計し、分析をするということを行っています。もともと、大学に入ったきっかけはテレビや雑誌への興味でしたが、授業を受けるうちに、どの授業にもほとんど必ずと言っていいほどインターネットが関連づけられて出てくることに気がつき、この分野を深く学びたいと思うようになりました。

Q.4 卒業論文(研究)はどのようなテーマに取り組む予定ですか?

まだはっきりとは決まっていませんが、もともと自分が興味を持っていた芸能人や歌手、アイドルといった人たちとインターネットを関連づけて書いてみたいと思っています。

Q.5 社会学の魅力は何ですか?学ぶ中で社会学についてわかってきたことを教えてください。

一見、学問とは遠いようなことが、学問になるということが社会学の魅力だと思います。例えば、恋愛など人それぞれの考えがあって、法則性がないように見えることでも、社会学的な視点から法則を見つけられることは可能です。自分が好きなモノ、コトのすべてを社会学なら結びつけて考えていくことができるということが、社会学の面白いところですね。

Q.6 あなたにとって大学とはどんな場所ですか?

ホームという感覚が強いです。いつでも、自分のことを理解してくれている友人たちがいて、温かい場所ですね。福岡から東京に出てきたので、ここでできることはすべてやろうと思い、サークルやアルバイト、インターンなどにも参加をして、学外や社会人の方にも友人や知人がいるのですが、やっぱり大学に戻ってくると、ここが一番自分らしくいられる場所だという気持ちになります。逆に、そういう場所があるからこそ、積極的に外に出て行けるのかもしれません。

Q.7 今までの学生生活の中で一番の思い出は何ですか?

放送研究会に入っているのですが、外部のイベントでアナウンスのお手伝いをさせていただいたことが印象に残っています。周りが社会人の方ばかりのイベントだったのですが、その中で自分が役割を持って、それをこなすという経験を通して、社会に出るとはどういうことなのかが少しわかった気がしました。

Q.8 今まで最も影響を受けたものは何ですか?

育ててくれた母親です。私は一人っ子なので、母は積極的にひとり暮らしをさせたいとは思っていなかったと思うのですが、私が東京で学びたいと言った気持ちを受け入れてくれて、好きなようにさせてくれたことに、とても感謝しています。小さい頃から、あまり細かいことに干渉するような人ではなく、でも、「辛いことがあったら何でも言ってね」とか「お母さん味方だからね」と言ってくれるような人でした。それを、とても有り難いことだったなと思うと同時に、自分も友人たちにとって、最終的に見守ってくれている味方のような存在でありたいなと思います。

Q.9 将来の夢は何ですか?

具体的に「これ!」という職業は見つかっていないのですが、インターネットというメディアにかかわる仕事をしたいなと思っています。新しいものや独創的なアイデアを、常に追い求めていけるような仕事に就きたいです。

Q.10 最後に高校生へのメッセージをお願いします。

大学はあくまでも通過点だなと、入学してから実感しました。受験勉強をしていると、どうしても大学に入ることがゴールに思えてしまうのですが、実はその先がとても大切なので、学部や学科を単に偏差値などで選ぶのではなく、自分がやりたいことを考えて選んでみてください。
(2017年度版学部案内より転載)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る