社会学科、秦 由樹さんに聞く、10の質問

社会学科 秦 由樹

2018/12/17

在学生

Q.1 立教大学社会学部社会学科を選んだ理由を教えてください。

アイデンティティや人間関係、コミュニケーションについて学びたかったので選びました。小中高はミッション系の一貫校で、存在理由を問う授業が多かったこともきっかけになっていると思います。

Q.2 社会学科の科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

土井隆義先生の「青年期の社会学」です。若者が抱える深層心理が、個人的に抱えているものではなくて、社会によって抱えさせられているものもある、と学びました。例えば、「世代間ギャップの縮小により、自身の親密な関係に以前より縛られるようになった」というように、謎解きのように授業が進んで、とても面白かったです。自分が感じている悩みも社会のプロセスで考えさせられていたということに気づきました。

Q.3 所属しているゼミの内容と選んだ理由について教えてください。

奥村ゼミはコミュニケーションに関わることであれば自由にテーマを決められますが、私は「性承認と自己承認の関連性」について研究しています。「青年期の社会学」の授業で、若者の傾向の一つとして「キャラ化」という事象が取り上げられたのですが、確かに 自分の周りのコミュニティの中で「○○ちゃんは何キャラだよね」という、予定調和なコミュニケーションが繰り返されていることに気づきました。「キャラ化」とは自分の個性を一つに絞ることで、AV女優は性的な部分を強調する点において、“キャラ化”の最たる人たちだと思ったんですね。そのテーマで研究したいと思った ときに、奥村先生のゼミは自由度が高くて面白いと聞いて選びました。奥村先生が自分の興味があることをきちんと学問につなげていくプロセスを指導してくださる点がとてもいいポイントだと思っています。

Q.4 卒業論文(研究)はどのようなテーマに取り組む予定ですか?

卒業論文もAV女優をテーマにしたかったのですが、ヒアリングのアポイントがとれなかったので、もう少し社会の役に立つような、人間関係をベースにしたテーマにしようと考えています。

Q.5 社会学の魅力は何ですか?学ぶ中で社会学についてわかってきたことを教えてください。

身の回りに起こっていることは、自分が何かをしたから起こっていることもあるんですが、社会的な状況や外部的なものによって起きていることが、思っていたよりも溢れているということに気づきました。今までと同じ世界で生きているのに、その世界が違った視点で見られるようになったことは社会学を学んだ大きな魅力ですね。それから、社会学は学ぶ範囲が広いので、自分が興味のあることを学びにつなげられること、自分で学んできたことを生かせる場が沢山あることが魅力だと思います。

Q.6 あなたにとって大学とはどんな場所ですか?

さまざまな価値観の人に触れ合える場所です。勉強は一人でもできますが、大学にはたくさんの人がいて、サークルだったり、何かの企画だったりで、色々な方とお話しする機会があるので、新しい考え方や価値観に出会うことができます。

Q.7 今までの学生生活の中で一番の思い出は何ですか?

立教大学英語会というサークルで、2年生の時の新入生歓迎会でスタッフをやったことです。9人の運営スタッフで12月から準備を始めて、毎日同じメンバーでミーティングをするので、話し合いを重ねていくうちに、どんどん仲が良くなりました。400人所属しているサークルなのですが、今までそんなに大きなものを作り上げた経験がなかったので、新歓が終わったときに、尊敬していた先輩が泣きながら「おつかれ」と言ってくれて、とても印象に残っています。

Q.8 今まで最も影響を受けたものは何ですか?

お母さんです。私の反抗期はとても面倒だったと思うのですが、逃げないでいつも受け止めてくれました。中学の頃、頭が悪かったときも「こうありなさい」と自分の価値観を押しつけないで「あなたが頑張っているならそれでいい」と包み込んでくれました。お母さんは自分がつらくても、誰かつらい人がいるとその人を支えに行く人なので、私も同じように行動するようになりました。

Q.9 将来の夢は何ですか?

挑戦しようとする人をずっと支えられるような仕事をしたいと思っています。夏に損保会社のインターンをして、頑張っている企業の商品を世に出すために損害保険が必要という話を聞いて、すごいと思いました。私は高校時代もサークルでも誰かを支える役割だったので、得意だろうと思うし、仕事にしたいと思います。

Q.10 最後に高校生へのメッセージをお願いします。

もし進学を迷っているなら、絶対に大学に行ったほうがいいと思います。就職が云々ではなく、同じ学ぶということでも、大学は高校 までとは全く違います。大人になるとすべての責任が自分にふりかかってきますが、自由だけれど責任がある四年間を体験することで、その後の価値観も生き方も変わってくると思います。
(2016年度版学部案内より転載)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る