社会学科、木田 大地さんに聞く、10の質問

社会学科 木田 大地

2018/12/17

在学生

Q.1 立教大学社会学部社会学科を選んだ理由を教えてください。

高校生のときに、宮台真司さんの『14歳からの社会学』という本を読んで、社会学という学問があるのを知りました。その頃の私は、「なぜ、差別や偏見はあるのか」、「なぜ、コミュニケーションをとることは煩わしいのか」など、他者や世の中、あるいは自分自身に対してもやもやした気持ちを抱えていたのですが、そういったもやもやの正体を知ることができるのではないかと思い社会学部を選びました。その中でも、立教大学を選んだのは、社会学の先生がたくさんいることが大きかったです。ここなら、幅広い問題関心に沿った学びができるのではないかと考えました。

Q.2 社会学科の科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

社会学の学びにおいて、違った視点からの見方に気がつくということが、最も重要なのではないかと思っているのですが、それを実感したのが「専門演習1」という授業でした。社会学の文献を読む授業だったのですが、同じ本を読んでも一人ひとり考えることは違っていて、それを他の学生とディスカッションできたことがとても印象に残っています。

Q.3 所属しているゼミの内容と選んだ理由について教えてください。

岩間暁子先生のゼミに所属しているのですが、3年生の間は、先生が研究休暇に入られていたので、橋本みゆき先生に指導していただきました。ゼミでは、「格差」や「不平等」を主軸のテーマとして設定して、文献講読やゼミ論文の執筆を行っています。社会学を学んできたなかで、さまざまな構造的な格差というものに関心が向いていたので、このゼミを選びました。

Q.4 卒業論文(研究)はどのようなテーマに取り組む予定ですか?

3年生のゼミ論文でテーマにした「寄せ場」(東京の山谷や横浜の寿町、大阪の釜ヶ崎など、肉体労働者の就職活動の場)の労働者のことをさらに掘り下げるか、もしくは、ずっと関心があった不登校を取り巻く問題について研究するか、そのどちらかをテーマにして取り組みたいと考えています。

Q.5 社会学の魅力は何ですか?学ぶ中で社会学についてわかってきたことを教えてください。

科学的な手法を用いつつも、人によって多様な見方ができるということが社会学の魅力だと思います。その人にしか出せない答えがあると言ったら言い過ぎかもしれませんが、調査の過程、分析の過程、解釈の過程で、研究をしている人なりのオリジナリティが出てきます。人それぞれ、本当に幅広くテーマを設定できる学問なんだということを、実際に大学で学ぶなかで日々実感しますね。

Q.6 あなたにとって大学とはどんな場所ですか?

新たな人間関係を築ける場所かなと思っています。私自身も、友人や先輩後輩、先生方など、大学という場を通じて、たくさんの素敵な人と出会えました。また、高等教育機関なので、専門的な学びができる場でもあります。そういった、さまざまな出会いや学びのなかで、多様な考え方に触れることによって、自分の考え方を再構成でき、自分自身を見つめ直す機会を持てています。

Q.7 今までの学生生活の中で一番の思い出は何ですか?

所属している天文研究会の活動として、学園祭でプラネタリウムの上映と星座の解説をしたことが思い出に残っています。サークルのメンバーと事前に勉強会をして練習を重ねたことで、学園祭当日、来ていただいたお客さんから、「わかりやすかったよ」、「面白かったよ」と言ってもらえたときは、本当に嬉しかったです。

Q.8 今まで最も影響を受けたものは何ですか?

中学生の頃に不登校を経験したのですが、その当時に通っていた教育支援センターの先生や友人から受けた影響が大きいと思います。当時はいろいろなことに対して無気力になっていたのですが、そういう経験をしてきたからこそ、今は他人の痛みに共感できる人間でありたいと思えるようになったと感じています。また、その経験が、格差問題などへの関心にもつながっているのかもしれません。

Q.9 将来の夢は何ですか?

福祉の仕事にかかわりたいと思っています。もともと児童福祉に興味があったのですが、高校時代の友人に誘いを受けたのをきっかけに、大学2年生の頃から知的障がい者の福祉施設で、非常勤職員として働くようになりました。福祉の現場では、人と人との関係性や相互作用のなかで変化が生まれてくるということに魅力を感じています。

Q.10 最後に高校生へのメッセージをお願いします。

大学に行くというのは、あたりまえのことではないです。どの学校に進むかとか、何を学ぶかとか、あるいは仕事に就くかとか、無数にある選択肢のなかの一つでしかありません。そのなかで、大学進学を選ぶのであれば、なぜ大学に行くのか、そこで何を学びたいのかといったことをしっかり考えて、学校や学科を選んでもらいたいと思います。
(2017年度版学部案内より転載)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る