現代文化学科、刑部 萌乃さんに聞く、10の質問

現代文化学科 刑部 萌乃

2020/06/23

在学生

Q.1 立教大学社会学部現代文化学科を選んだ理由を教えてください。

資料などで授業のプログラムを見て、グローバルリーダーシッププログラムを受けたかったのがひとつのきっかけでした。他の大学にはこのメニューがなかったので。そこでオープンキャンパスに参加したのですが、正門の先にあらわれた蔦の絡まる1号館に一目ぼれでした。思わず「ステキ!」と見とれてしまいました。

Q.2 現代文化学科の科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

都市の現在をテーマに社会調査を行った「フィールド実習」です。社会学部に入ったからには調査をやりたいと思っていたので、この授業は調査のプロセスを勉強できて楽しかったですね。4人のグループでテーマを決めて調査計画を作成し、アポとり、インタビュー、調査、まとめてレポートにし、協力者に成果物とお礼状を送付するまでを行いました。私たちは、昔ながらの長屋が残る墨田区の京島という下町を調査したのですが、現地には7~8回足を運びました。

Q.3 所属しているゼミの内容と選んだ理由について教えてください。

貞包先生のゼミに所属しています。「消費社会」がテーマで、私も日々消費をして暮らしていますので、何でも自分が気になることが研究対象になるところが面白そうだと感じて選びました。先日、ゼミ合宿で韓国へ行って、日本と韓国の消費や都市の特色の違いを比べてきました。

Q.4 卒業論文(研究)はどのようなテーマに取り組む予定ですか?

まだ的は絞れていませんが、先ほど出た「フィールド実習」で調査した、墨田区の京島の昔ながらのコミュニティを深堀りする案と、現在ゼミで調査している秋葉原におけるアイドル・オタク文化などポップカルチャー系の現象を取り上げてもいいかなと考えています。

Q.5 社会学の魅力は何ですか?学ぶ中で社会学についてわかってきたことを教えてください。

社会の中で起きていることすべてが研究対象になることです。経済や法律の場合だと知ることができる事柄は限定的ですが、社会学はさまざまです。特に現代文化学科の授業内容は多彩です。ポピュラーカルチャー、アートや写真、環境、都市やエスノグラフィーなど自分が知らない世界に触れることができます。そして一方向ではない物事の見方、考え方を知ることができます。ネットニュースなどで、授業で触れたことのある話題を目にするとその背景が理解できることもあり、社会を見る目が養われていると思います。

Q.6 あなたにとって大学とはどんな場所ですか?

視野を広げるきっかけがたくさんある場所です。先ほどから述べている学習面だけではなく、視野を広げてくれる人との出会いもあります。大学には、広く全国からさまざまな人たちが集まります。留学生も在籍するので国籍もさまざま。高校時代は地元周辺の限られた人たちだけとの生活でしたが、今は同級生、先輩や後輩を含め多彩な人たちから刺激を受け、いろいろなことを吸収することができます。

Q.7 今までの学生生活の中で一番の思い出は何ですか?

1年生のころから毎年参加している、オープンキャンパスの運営スタッフの経験です。自分が高校生で参加したとき、向かえてくれた運営スタッフの学生さんを見て「キラキラしていてカッコいい!」と思ったので、今度は自分が立教大学の良さを伝える立場になってみようと思いました。立教大学のオープンキャンパスは学生主体で運営しています。毎回来場者のスムーズな誘導や、満足度を上げるためにはどうしたらよいかなど、仲間と試行錯誤しながら活動しており、私は4年生までやります!

Q.8 今まで最も影響を受けたものは何ですか?

大学に入ってから観た映画『いまを生きる(DEAD POETS SOCIETY)』です。全寮制のエリート校が舞台で、主人公の英語教師が生徒に言うセリフが、自分が学生だということもあり印象に残りました。その内容は「机の上に立つように、視点を変えて見れば、物事が違って見える」「今やりたいことを自由にやってみよう」です。大学生は何もしなければ自由な時間がたくさんあります。ちょうど1年生のとき、自分は何をしたらいいのかと考えていたときにこの映画を観たので、先ほどの内容から勇気をもらいました。

Q.9 将来の夢は何ですか?

具体的ではありませんが、自分がしたことで誰かが笑顔になってくれることをしたいと考えています。直接、相手を笑顔にできることですね。私はアルバイトで接客業にたずさわっています。また趣味で定期的にお笑いライブや、好きなアーティストのコンサートを観に行く中で、人を笑顔にできることはステキなことだなと思うようになりました。

Q.10 最後に高校生へのメッセージをお願いします。

自分の直感的な気持ちと、自由な時間を大切にしてください。4年間の大学生活は目いっぱいワクワクすること、面白そうだと思うことにチャレンジしてください。

(2021年度版学部案内より転載)

CATEGORY

このカテゴリの他の記事を見る